« ひーとーもーけーしきもー、いーそーがーしーそうにー | トップページ | ひさかたぶりにブログを更新してみる »

思わず「海、その愛」を口ずさんでしまうくらいの

で、本日の本題、多少距離を乗ってのRSのインプレ。

まずなんというか。。。ぜんっぜん疲れない。

気がついたら思っていたより走ってしまっているというか。
自転車が優しく運んでくれちゃっているような感じなのだ。

ZERO-TIGは、トルクをかけた時にフレームがしなり、反発する、
そのリズムをシンクロさせて進むダイレクト感、人車一体感が楽しかった。

RSにそれはない。力を加えると自動的に推進力に変換してくれちゃう感じ。
リズムとか関係なく、いつでも滑らかに、スムースに、ロスなく加速する。
その感覚はアルミなんかともまた違って、距離を乗った感が薄いのなんの。

ロスのない加速といえば、路面追従性の高さも一役買っている気が。
例えば日本橋の石畳の区間を走るとよくわかる。まったく、跳ねない。
路面の状態は細かに伝わるけど、両輪はいつでもピタリと接地している。

おかげで、これまでとは全く違う感覚でどんどん自転車が進んでいく。
面白みがないといえばそうだが、まあ楽チン。持病の腰痛にも優しい。
きっと距離が長くなるほどに、その恩恵を感じるに違いない。

あと、腰高感の原因だったやや高めのBB位置もなにげに効いていて、
これのおかげでクランクがスコっと踏み抜ける感じがする。
登坂などでの軽快感もきっと、フレーム剛性+これのおかげ。
足が売り切れちゃった時でも、これなら多少は粘れる気がする。

で、結局どういう自転車なのよ? ということだが。

これは高級クルーザーですね。

車でいえばGT、断じてF1ではない。

喧嘩上等ヘタレ御免で、乗り手をドヤし、たきつけるような感じはしない。
あくまでもジェントルに穏やかに、乗り手を大きな愛で(?)受け止めてくれる。

ブイブイ、ガシガシ、オラオラでズギャーンとカっとんでいくより
爽快なスピードを、優雅なくらいの気分で感じながら走り続けるのが楽しい。

もちろんエンジンが良ければガンガン速く走れちゃうと思うけど、
あまりそういう気にさせないところが、ヘタレ貧脚オヤジにはむしろ美点。

こんなにマイペースでスイスイと距離を走るのに適した自転車だとは。
ステージによって選手も使うというけど、確かに足をためたい日は良さそう。

第一印象こそネガったけど、乗るたびに好きになっています、はい^^ゞ
まだまだいろいろ見えてきそうだけど、今日はこれくらいで。

|

« ひーとーもーけーしきもー、いーそーがーしーそうにー | トップページ | ひさかたぶりにブログを更新してみる »

cervelo RS」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

含蓄あふれるRSのインプレ、感服しつつ、もう頷くばかりでした。
あんまり自己主張をしてこないさりげないバイクなのか、自分も最初拍子抜けしたことを覚えています。
乗り込まれてからの感想が、また楽しみです。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Norishy | 2009年12月31日 (木) 19時30分

Norishy さま。コメントありがとうございます。
同じ鉄からの乗り換え組なので、やっぱりインプレが似てきますね^^;

これからも楽しめそうな予感でいっぱいです。距離への情熱も再燃してきました。
ステキな自転車におひきあわせくださったこと、改めて感謝です!
いつかRSオフとかできたらイイですねw

お互い、2010年も良いバイシクルライフを送れますように☆
物欲リポート、楽しみにしてますww

投稿: mame | 2009年12月31日 (木) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199965/32789942

この記事へのトラックバック一覧です: 思わず「海、その愛」を口ずさんでしまうくらいの:

« ひーとーもーけーしきもー、いーそーがーしーそうにー | トップページ | ひさかたぶりにブログを更新してみる »