« E.B.S FLOAT700R 納車時スペック | トップページ | FLOAT700R用パーツインプレ »

色に迷った日々、回想

Dscn0005b
※2007年8月13日撮影。母の実家の満開の百日紅の下のプゥこ。

かつての愛車プジョー306ブレークの専用色・プロヴァンスブルー。
湿潤で霞がかった感じではなく、乾いた空気の中で濃縮されたような水色。
光の面は明るく輝き、影の面は渋く沈む、深いグラデーションがつくられる。

現在の相棒がまとうのが、この色。ただ、これに決まるまで迷ったのなんの。

今回は明るい色にする、ということだけは決めていた。
黒のサーベロRSが、色から気分を高揚させてくれなかったからだ。

とにもかくにも、街で良さげな色を見つけては、色見本として購入。
以下、そのほんの一部。

Dscn4053 COEDOビールの缶とか
「瑠璃」という銘柄のこの鮮やかに深い青はなかなかのステキ色。
会社のH崎女史は終始一貫、この色を推していた。

Dscn4033 ハロッズの紅茶缶とか

Dscn4043 FORTNUM&MASONとか
三越系銘柄のこれら紅茶缶はバイトのI津君がお気に入り。
気に入りすぎてハロッズのキャンディ缶をマメから強奪する始末。
FORTNUM~のアルマイトピンクも「大人のお洒落色ですよ!」と。

Dscn4036 CAVAのワイン瓶とか
CAVAはデイリー系ながら美味し!のスペインのスパークリングワイン。
本体にこのくすんだピンク×ラグにロゴの黒というのを何度も夢想。

Dscn4047 ファミマのコーヒー缶とか
なにげにこのシャンパンゴールドに赤、茶、緑の色帯はイケてます。
缶コーヒーにしては味もまあまあ良かったりする。

まあ、悩んでいろいろ買ったこと買ったこと。

これらの色で塗りわけとか、クラシカルなラグメッキとかも散々妄想。
またVanilla BICYCLESINDEPENDENT FABRICATIONELLIS CYCLES
signal cyclesBilenky Cycle WorksZULLO BIKEBeloved Cyclesとかの
美しきビスポークバイクや職人気質あふれるプロダクツに、何度もタメ息。
しかし、毎日乗るものに無闇に凝ったことをして飽きちゃってもいかんし、
「見るからに良いもの」な感じにすると、盗難の危険も高まってしまう。

結局、シンプルな単色で、地味にステキ系を目指すことに。
それでも色選びに際限がないので、室内の置き場の方角から決めることに。
つまり風水的に良さげな色=白系、赤系、水色(or薄めの青)系から考えた。

結果、自分的に最も思いいれある水色=プロヴァンスブルーに決定! と。

Dscn4044_2 で、純正タッチペンを取り寄せて。
これと金属片に塗装したものとを、お店から色見本として塗装工場へ。

待つこと2週間。結果は、さすが職人! の再現力。
コマメが「プゥこ(プジョーの愛称)が帰ってきた!!」と感激したのが何とも嬉しく。

今のところ、このプゥこ色を楽しむ方向で、他のパーツは黒と銀で地味に。
もう少し色気が、と思わないでもないが。。。案外この色、存在感が強く。
「こーでねーと!」と思えるコーディネートが浮かばないのだった。

|

« E.B.S FLOAT700R 納車時スペック | トップページ | FLOAT700R用パーツインプレ »

E.B.S FLOAT700R」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199965/40119895

この記事へのトラックバック一覧です: 色に迷った日々、回想:

« E.B.S FLOAT700R 納車時スペック | トップページ | FLOAT700R用パーツインプレ »