« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

モルビダン・フォレロに交換

Dscn4134

すでに盛夏の暑さの中、バーテープが黒ずんできたので交換。
以前の愛用品・シルバのモルビダンフォレロに。

サラっとした触り心地。やっぱり夏に素手で握るのは、これがイイ。
コルクよりやや薄いので、ブラケットカバー下の段差が減るのも◎。

同時に、少しエルゴの角度を上げた。
厳密には、エルゴの位置を上げ、ハンドル角をほんの少し下げた。
これでブラケットを握る時、手首を寝かす感じだったのが軽減。
ハンドルの肩に手を置くときのフィット感もよくなった。

基本的に狙い通り! のモデュファイなのだが。

白のモルビダン、タオルみたい(笑)。ちと太めに見えるし。
夏はやっぱ涼しげな白! と思ったのだけど。。。   

今回は仕事の合間にTICKETに持ち込み、田中さんに作業をお願い。
作業と併せて、チェーンからしていた異音もチェックしてもらった。
最近、踏み込むとパチ、パチと小さな音がしていたのが気になって。

でも、作業後すっかり解消。さすがプロ☆

田中さん曰く、スプロケットを一度外して締めなおしたとのこと。
スプロケが緩んで、チェーンラインが安定していなかったらしい。

あとはタイヤも交換して、夏本番を前にプチリフレッシュといこう。
もう、センタートレッドが擦り切れて下の生地が露出し始めとる(汗

Dscn4136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極私的タイヤランキング(しかも他人の)

所要でお茶の水へ。久々に寄ったワイズロードでJ方さんに会う。
夏はタイヤ交換の季節だねなんて話のついでに、オススメを聞く。

ギリギリ普段使い可能タイヤの、J方さん的自腹インプレはこんな感じ。

1・シュワルベ アルトレモR1
  軽・◎ 転・◎ 粘・○ 耐・○
 →「一番のオススメ! 軽いし良く転がる。案外耐久性もある」

2・コンチネンタル グランプリ4000
  軽・△ 転・◎ 粘・○ 耐・◎ 
 →「4000キロ余裕の耐久性が◎で通勤に使用中。転がりもイイ」

3・ミシュラン PRO3RACE
  軽・○ 転・○ 粘・◎ 耐・×
 →「グリップ最高。転がり、乗り心地も良し。ただヘタレが早い」

番外編・パナレーサー CLOSER
  軽・△ 転・○ 粘・○ 耐・◎
 →「中級の割りに転がる、丈夫。普段使いに◎。最近のパナはイイ! 
   上級のRACEはDuro、Allaround、Lightをゼヒ用途別に!」

ちなみにアルトレモR1は、現在半額セール中、一本約3500円だった。
「ココゾと7本買っちゃいました!」確かに魅力的だぁ。

でも今はDIAMANTEが。。。ん? そういやさっきヴィットリアが無かったぞ。
「まあイイですよね、オープンコルサとか」インプレ、軽っ(笑)。
定番メーカーすぎて興味を引かないご様子。。。ちと寂しいような。

気になるウワサ。コンチネンタルの国内扱いがなくなるとかなんとか。
自分もグランプリ4000とかゲータースキンには興味深々なのだが。。。
まあ国内価格高すぎるし海外輸入できるし、あんま困らんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vittoria DIAMANTE PRO 再び

Dscn4125

劣化著しいPRO3RACE、そろそろ交換せねば、とWiggleでポチ。
今回はVITTORIAのDIAMANTE PRO Ⅱに。

以前一度ZERO-TIG用に買ったのだが、バイク交換に伴って処分。
結局使うことなく終わっていたし、改めて一度使ってみよう、と。

とりあえず計量。一本195g程度。軽い。PRO3RACEより10g軽い。
ついでに、値段(3000円ちょっと)も100~200円程度は安い。
今回はイタリアンブランド20%オフをやってたので余計にね☆

軽ければ良いってわけでもない。性能的に中途半端という声もある。
一方で、価格と軽量性と耐久性がバランスしているという声もある。

なんにせよ今度こそ使ってみましょ、っと。
サイドウォールガッチリ&ダイヤパターンでグリップバッチリ、かな。
最近は風船モチフワ系ばっかだったから、こういうタイヤ、久しぶり。

余談だが、決済時に課金をケチり「優先」でなく「通常」発送を選択。
以前は2週間ほどかかったので焦らず待とう、と思っていたら。。。
なんと金曜発注で火曜到着。嬉しい誤算。そんなこともあるんだぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FLOAT700R用パーツインプレ

今回の仕事も一段落、梅雨空の下のメンテのついでにパーツインプレ。

■BROOKS B15 スワロー

Dscn3871_3

サドルジプシーはいい加減イヤなので、今回こそ革サドルを、と奮発。
毎日のように乗るし、日々育てる楽しみがあるのもまた良しと思い。
最初は確かに硬かったが、潜在する絶妙なクッション感に魅せられ、
2~3週に1回、純正オイルをヌリヌリしながら使い続け約半年。
やっと坐骨があたる部分にシワが寄りだし尻に馴染み始めてきた。

Dscn4095

革サドルはパッドなしで乗るものだそうだけど、現時点でもぼちぼちイケる。
オンリーワンの自分仕様までは道半ばだが、のんびり楽しみたい。

Wiggleで日本での定価の半額ほど。ただ、今は取り扱っていない。。。

■日東 M179STI

10103700132l0_2

79系デュラエース用だけど、ダブル溝なのでエルゴパワーにも好適。
ややハの字形に開いた、ほんのりランドナーバー的な形状がイイ。
(ちなみにバー末端でcc420ミリだとブラケット部は約cc410ミリ)
またリーチ80ミリ、ドロップ131ミリの数値以上に、上下の握りがしっくりくる。
肩の扁平加工も手を置きやすい。期待をはるかに上回る使い勝手のよさ。

今日び、カーボン製のグリグリにエルゴで軽量なヤツもあるわけだが、
重量があっても、少々のことでビクともしない安心感が普段使いに心強い。

今の角度が少し気にいらないので、バーテープ巻きかえ時に変更予定。
エルゴの位置をほんの少し上、ハンドル角度をほんの少し下にしたい。

■日東 Pearl8

Dscn3798_2

現行クイルステムの女王とか言われちゃったりするパール。
たしかに一切の無駄のない機能性あふれるシンプル美は本物。
ちなみに「8」だと突出しの水平値は約90ミリだったりする。
最初なんも知らずに「9」を注文、想定外の長さでションボリ。
注文される際は、お気をつけあれ。

なお、日東製品はウエパーが安めな感じだったのでまとめて購入。

■ミシュラン PRO3RACE

Dscn3076_2

評判が良いのと軽いのとで、当初はRS用に購入。
モチモチ、フワフワの風船系の感触で乗り心地良く、グリップ感も強い。
体重70㌔だと約8BARでモチフワ感に芯が入り、転がりが軽快になる感じ。
この性能でオークションなどでの実勢2本7000円程度はお買い得。

Dscn4123

ただ最近、細かいヒビがトレッド&サイド全周に入り始め、急激に劣化が。
購入してから1年半、RSでの走行距離300キロ強。
FLOATでは約半年(うち約ひと月は走行ゼロ)で1500~1600キロ程度。
経年劣化を差し引いても、毎日パンパンにして乗るには耐久性が低いか。

もう少しだけ乗って、夏をメドに交換しようと思う。

■ウェルゴ LIGHT BOTH SIDE PEDAL(PD-WG-096)

Dscn3504_2

これもそもそもRS用に購入。
フラペ系片面SPDで本体314グラムはなかなか。
フラペ面も普通に大きく、がっつり踏める。SPDはそれなり。
W-44よりは断然使い勝手良し。見た目がやぼったくないのもイイ。
仕上げや軸の回転はそれなりだがコスパ(市価4200円)的に全然OK。

隠れ良品パーツと思うのだが。。。ぜんぜん見かけない。
自分が買ったJOINTというサイトでももう扱ってない。

■LIFELINE チタニウムボトルケージ

Dscn4101_2

4月、地震の余韻+仕事の重圧、双方のストレスに耐え切れず、
Wiggleでポチした内のひとつ(他は主に夏用のベースレイヤー類)。
26グラムとわりと軽量、値段も2千円ほどこちらもそこそこ軽量。

Dscn4103

チタニウム製の安心感。ホールド性良し。デザインもそこそこ。
さらに、太めのペットボトルならあまりガタつきなく挿せるのも○。
コスパの高さも含め、なにげにとても気に入っているのだった。

ちなみに同型品がTIOGAなどからも発売されているが値段は倍以上。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »