« 2011年6月 | トップページ | 2012年6月 »

DIAMANTE PRO Ⅱを装着

Dscn4170a

DIAMANTE PRO Ⅱを装着。タイヤレバーいらずのはめやすさだった。

見た目は、基本はトラディショナル、ちょっとだけモダンな雰囲気。
センタースリック、サイドはスギ目発展型のダイアモンドパターン。
サイドにいくほど目が大きくなり、グリップ力もあがるって寸法。

さて、通勤+αでのDIAMANTE PRO Ⅱのプチインプレッション。

意外にも、ミシュランやシュワルベ同様の、風船モチフワ系だった。
しかも同じ8barでも、PRO3RACEよりずっとモッチリと柔らか。

なんというか、エアクッションが大きく、厚いような感触。
おかげですこぶる乗り心地が良く、鼻歌出そうに気持ち良い。

一方、地面とのコンタクトもモッチリな分、俊敏さに欠ける感じ。
足の裏全体で路面を掴んで、力強く前に進む感じというか。
転がりは悪くないが、シュシュッと加速する雰囲気がイマイチ。

ただ、レース系オラオラ感が薄いだけに、鼻歌も出ちゃうわけで。
クルージングって気持ちいいね、なんて素直に思えちゃうような。

結論として、レースタイヤというより上質なツアータイヤかな、と。
そう思うと、FLOATにはキャラクター的にあってるようにも思う。

もう少し走ってひと皮向けて、空気圧もいろいろ変えて。
そしたらまた印象も変わるかもだけど、まずはそんな感じ。

記念撮影。12月19日撮影時とはポジションなどが細かく変わった。

Dscn4150

ハンドル位置が下がり、ブラケット角度が上がり、サドルが後退。
にしても、タイヤ真っ黒、ハンドル真っ白。なんか。。。色気がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2012年6月 »