DIAMANTE PRO Ⅱを装着

Dscn4170a

DIAMANTE PRO Ⅱを装着。タイヤレバーいらずのはめやすさだった。

見た目は、基本はトラディショナル、ちょっとだけモダンな雰囲気。
センタースリック、サイドはスギ目発展型のダイアモンドパターン。
サイドにいくほど目が大きくなり、グリップ力もあがるって寸法。

さて、通勤+αでのDIAMANTE PRO Ⅱのプチインプレッション。

意外にも、ミシュランやシュワルベ同様の、風船モチフワ系だった。
しかも同じ8barでも、PRO3RACEよりずっとモッチリと柔らか。

なんというか、エアクッションが大きく、厚いような感触。
おかげですこぶる乗り心地が良く、鼻歌出そうに気持ち良い。

一方、地面とのコンタクトもモッチリな分、俊敏さに欠ける感じ。
足の裏全体で路面を掴んで、力強く前に進む感じというか。
転がりは悪くないが、シュシュッと加速する雰囲気がイマイチ。

ただ、レース系オラオラ感が薄いだけに、鼻歌も出ちゃうわけで。
クルージングって気持ちいいね、なんて素直に思えちゃうような。

結論として、レースタイヤというより上質なツアータイヤかな、と。
そう思うと、FLOATにはキャラクター的にあってるようにも思う。

もう少し走ってひと皮向けて、空気圧もいろいろ変えて。
そしたらまた印象も変わるかもだけど、まずはそんな感じ。

記念撮影。12月19日撮影時とはポジションなどが細かく変わった。

Dscn4150

ハンドル位置が下がり、ブラケット角度が上がり、サドルが後退。
にしても、タイヤ真っ黒、ハンドル真っ白。なんか。。。色気がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モルビダン・フォレロに交換

Dscn4134

すでに盛夏の暑さの中、バーテープが黒ずんできたので交換。
以前の愛用品・シルバのモルビダンフォレロに。

サラっとした触り心地。やっぱり夏に素手で握るのは、これがイイ。
コルクよりやや薄いので、ブラケットカバー下の段差が減るのも◎。

同時に、少しエルゴの角度を上げた。
厳密には、エルゴの位置を上げ、ハンドル角をほんの少し下げた。
これでブラケットを握る時、手首を寝かす感じだったのが軽減。
ハンドルの肩に手を置くときのフィット感もよくなった。

基本的に狙い通り! のモデュファイなのだが。

白のモルビダン、タオルみたい(笑)。ちと太めに見えるし。
夏はやっぱ涼しげな白! と思ったのだけど。。。   

今回は仕事の合間にTICKETに持ち込み、田中さんに作業をお願い。
作業と併せて、チェーンからしていた異音もチェックしてもらった。
最近、踏み込むとパチ、パチと小さな音がしていたのが気になって。

でも、作業後すっかり解消。さすがプロ☆

田中さん曰く、スプロケットを一度外して締めなおしたとのこと。
スプロケが緩んで、チェーンラインが安定していなかったらしい。

あとはタイヤも交換して、夏本番を前にプチリフレッシュといこう。
もう、センタートレッドが擦り切れて下の生地が露出し始めとる(汗

Dscn4136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極私的タイヤランキング(しかも他人の)

所要でお茶の水へ。久々に寄ったワイズロードでJ方さんに会う。
夏はタイヤ交換の季節だねなんて話のついでに、オススメを聞く。

ギリギリ普段使い可能タイヤの、J方さん的自腹インプレはこんな感じ。

1・シュワルベ アルトレモR1
  軽・◎ 転・◎ 粘・○ 耐・○
 →「一番のオススメ! 軽いし良く転がる。案外耐久性もある」

2・コンチネンタル グランプリ4000
  軽・△ 転・◎ 粘・○ 耐・◎ 
 →「4000キロ余裕の耐久性が◎で通勤に使用中。転がりもイイ」

3・ミシュラン PRO3RACE
  軽・○ 転・○ 粘・◎ 耐・×
 →「グリップ最高。転がり、乗り心地も良し。ただヘタレが早い」

番外編・パナレーサー CLOSER
  軽・△ 転・○ 粘・○ 耐・◎
 →「中級の割りに転がる、丈夫。普段使いに◎。最近のパナはイイ! 
   上級のRACEはDuro、Allaround、Lightをゼヒ用途別に!」

ちなみにアルトレモR1は、現在半額セール中、一本約3500円だった。
「ココゾと7本買っちゃいました!」確かに魅力的だぁ。

でも今はDIAMANTEが。。。ん? そういやさっきヴィットリアが無かったぞ。
「まあイイですよね、オープンコルサとか」インプレ、軽っ(笑)。
定番メーカーすぎて興味を引かないご様子。。。ちと寂しいような。

気になるウワサ。コンチネンタルの国内扱いがなくなるとかなんとか。
自分もグランプリ4000とかゲータースキンには興味深々なのだが。。。
まあ国内価格高すぎるし海外輸入できるし、あんま困らんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vittoria DIAMANTE PRO 再び

Dscn4125

劣化著しいPRO3RACE、そろそろ交換せねば、とWiggleでポチ。
今回はVITTORIAのDIAMANTE PRO Ⅱに。

以前一度ZERO-TIG用に買ったのだが、バイク交換に伴って処分。
結局使うことなく終わっていたし、改めて一度使ってみよう、と。

とりあえず計量。一本195g程度。軽い。PRO3RACEより10g軽い。
ついでに、値段(3000円ちょっと)も100~200円程度は安い。
今回はイタリアンブランド20%オフをやってたので余計にね☆

軽ければ良いってわけでもない。性能的に中途半端という声もある。
一方で、価格と軽量性と耐久性がバランスしているという声もある。

なんにせよ今度こそ使ってみましょ、っと。
サイドウォールガッチリ&ダイヤパターンでグリップバッチリ、かな。
最近は風船モチフワ系ばっかだったから、こういうタイヤ、久しぶり。

余談だが、決済時に課金をケチり「優先」でなく「通常」発送を選択。
以前は2週間ほどかかったので焦らず待とう、と思っていたら。。。
なんと金曜発注で火曜到着。嬉しい誤算。そんなこともあるんだぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FLOAT700R用パーツインプレ

今回の仕事も一段落、梅雨空の下のメンテのついでにパーツインプレ。

■BROOKS B15 スワロー

Dscn3871_3

サドルジプシーはいい加減イヤなので、今回こそ革サドルを、と奮発。
毎日のように乗るし、日々育てる楽しみがあるのもまた良しと思い。
最初は確かに硬かったが、潜在する絶妙なクッション感に魅せられ、
2~3週に1回、純正オイルをヌリヌリしながら使い続け約半年。
やっと坐骨があたる部分にシワが寄りだし尻に馴染み始めてきた。

Dscn4095

革サドルはパッドなしで乗るものだそうだけど、現時点でもぼちぼちイケる。
オンリーワンの自分仕様までは道半ばだが、のんびり楽しみたい。

Wiggleで日本での定価の半額ほど。ただ、今は取り扱っていない。。。

■日東 M179STI

10103700132l0_2

79系デュラエース用だけど、ダブル溝なのでエルゴパワーにも好適。
ややハの字形に開いた、ほんのりランドナーバー的な形状がイイ。
(ちなみにバー末端でcc420ミリだとブラケット部は約cc410ミリ)
またリーチ80ミリ、ドロップ131ミリの数値以上に、上下の握りがしっくりくる。
肩の扁平加工も手を置きやすい。期待をはるかに上回る使い勝手のよさ。

今日び、カーボン製のグリグリにエルゴで軽量なヤツもあるわけだが、
重量があっても、少々のことでビクともしない安心感が普段使いに心強い。

今の角度が少し気にいらないので、バーテープ巻きかえ時に変更予定。
エルゴの位置をほんの少し上、ハンドル角度をほんの少し下にしたい。

■日東 Pearl8

Dscn3798_2

現行クイルステムの女王とか言われちゃったりするパール。
たしかに一切の無駄のない機能性あふれるシンプル美は本物。
ちなみに「8」だと突出しの水平値は約90ミリだったりする。
最初なんも知らずに「9」を注文、想定外の長さでションボリ。
注文される際は、お気をつけあれ。

なお、日東製品はウエパーが安めな感じだったのでまとめて購入。

■ミシュラン PRO3RACE

Dscn3076_2

評判が良いのと軽いのとで、当初はRS用に購入。
モチモチ、フワフワの風船系の感触で乗り心地良く、グリップ感も強い。
体重70㌔だと約8BARでモチフワ感に芯が入り、転がりが軽快になる感じ。
この性能でオークションなどでの実勢2本7000円程度はお買い得。

Dscn4123

ただ最近、細かいヒビがトレッド&サイド全周に入り始め、急激に劣化が。
購入してから1年半、RSでの走行距離300キロ強。
FLOATでは約半年(うち約ひと月は走行ゼロ)で1500~1600キロ程度。
経年劣化を差し引いても、毎日パンパンにして乗るには耐久性が低いか。

もう少しだけ乗って、夏をメドに交換しようと思う。

■ウェルゴ LIGHT BOTH SIDE PEDAL(PD-WG-096)

Dscn3504_2

これもそもそもRS用に購入。
フラペ系片面SPDで本体314グラムはなかなか。
フラペ面も普通に大きく、がっつり踏める。SPDはそれなり。
W-44よりは断然使い勝手良し。見た目がやぼったくないのもイイ。
仕上げや軸の回転はそれなりだがコスパ(市価4200円)的に全然OK。

隠れ良品パーツと思うのだが。。。ぜんぜん見かけない。
自分が買ったJOINTというサイトでももう扱ってない。

■LIFELINE チタニウムボトルケージ

Dscn4101_2

4月、地震の余韻+仕事の重圧、双方のストレスに耐え切れず、
Wiggleでポチした内のひとつ(他は主に夏用のベースレイヤー類)。
26グラムとわりと軽量、値段も2千円ほどこちらもそこそこ軽量。

Dscn4103

チタニウム製の安心感。ホールド性良し。デザインもそこそこ。
さらに、太めのペットボトルならあまりガタつきなく挿せるのも○。
コスパの高さも含め、なにげにとても気に入っているのだった。

ちなみに同型品がTIOGAなどからも発売されているが値段は倍以上。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サーキットの狼」で人気キャラ投票があったら隼人ピーターソンに一票

さりげなーく、新ホイールを調達。ヴェロマックスイーストンのサーキット。

091203

ヤフオクにて未使用品を破格で購入できた。獄長でEA70買うよりずっと安い。

今の手組みホイールは、剛性、柔軟性、頑丈さなど好バランスではあるのだが
ロープロなので巡航力はどうしても劣る。なのでつい、ちょっと浮気心が。

サーベロ+イーストンはデフォのようなイメージ(東商会の陰謀か?w)で、
実際のところ性能が良いと評判でもあるので気にはしてたのだけれど、
09RSには、半端にあの、ロゴの赤マークを入れたくない気分もあり。

しかし、このモノトーンのグラフィックならバッチリ!

さっそく計量してみると。。。

091203_2

前輪674グラム(キャップ付、支えに使っている携帯ポンプの重量は含まれてません)

091203_3

後輪929グラム(キャップ付)

。。。前後で公称より50グラム弱も軽いですが!! 嬉しい誤算!!!

ロックリングやリムテープなどを装備しても今の手組みよりも80~90グラムは軽くなる。
もちろんリム重量はこっちのがあるはずなので踏み出しは重くなるだろうけど、
多少でも総重量が軽ければ登坂の負担も減るわけで。

いちおうきちんと点検してから使ってみて、巡航力に満足できたら、
今の手組みは軽量なチューブラー仕様にしてもいいかな、なんて思ったり。

ただ、サーキットをインストールするのも手組みを改造するのも先の楽しみ。
だって、自転車に乗る時間がつくれないのだもの。

いいの、楽しみが多ければ、その分だけ頑張れる。。。ような気がする(ブツブツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローラーときたら。。。光GENJIか、ムテキングか

RS用のニューパーツ調達、さらに進行中。先日、カワハラダで通販したものが到着。
例によって2万円買って、送料手数料タダにしますた。

スプロケは04ケンタウル(12-25)。車体が軽くなるのでスプロケも一回り小さく。

09111504

値段は09の定価程度。09のは、安くはなったが実質08までのベローチェらしい。

09はケンタもベローチェもさりげなーくグレードダウンしててやや欝だ。。。
なので、少々割高でもやや質の良いものを使ってみよう、と天邪鬼な心意気。
ロー二枚だけスパイダーという半端さ、重量的に09より少しは軽いのか?

ハンドルはエルゴノヴァプロ。国内定価の15%引きほどだった。

091115

海外通販だともっと安いが品薄らしく、いつ来るかわからないので一緒に購入。

091115_2

正面から見るとハの字形なのがよくわかる(42サイズのブラケット部は芯芯40cm強)。
手首をたてきらないでいい、ランドナーバー系の形というか。これ、楽なんだよね。
新型エルゴパワーの形状とあいまって、長距離走行で疲労感がかわる、はず、だ。

小さなところではプーリーも。ベアリング仕様のBBB・ローラーボーイズ。

091115_3

セラミックは割れがコワイのでやめといた。ちなみに重量はベローチェのと一緒。

以上を仕事帰りにお店に預ける。これで部品は全部そろった、はず。

RDは07、FDは08のQSベローチェを預け済み。ホイール、チェーン、クランクは流用。
(そういやスプロケ同様、09ケンタのチェーンホイールも実質08ベローチェです)

エルゴパワー&ケーブルはワイズ在庫分の09ケンタウル。届いていたのを計量。

09

07ベローチェよりやや重ですが、まぁ良しとしませう。しかしレバー、長!

「じゃあ、組み始めます。だいたい一週間くらいみてもらえれば」
いや、実はけっこう忙しいからも少し後でもいいんだけど。。。

とにもかくにも、いよいよもうすぐ完成です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

To Be Continued の名前は覚えてるが曲は思い出せない

RS用のニューパーツ調達が進行中。

ステムはヤフオクで落札した3Tのアークスプロ100ミリの新品。

091029100

海外通販で3~4000円、国内でも5~6000円という価格で、この重量はなかなか。
ハンドルは3Tのエルゴノヴァを予定。あの絶妙なハの字型がシックリきたので。

ブレーキはこちらもヤフオクで落札した旧型ケンタウルの新品。

091029

安さ(今回は5000円強)と信頼性で今回もコレに。
いちおう、レトロフューチャーのレトロ部分を担う、ということで。

サドルはポンザパワー。あさひの特価品。

091101

クッション豊富なのに213グラム。ちょっと驚きの重量。
エラの後継サドルという触れ込みで、サイズやおおまかなフォルムは確かに似てる。

091104

091104_2

でも、エラのカマボコ断面に比べ後ろ~側面がやや反り気味でリベール的でもあり。
はたして、その真価は?

ポストは3Tのドーリックリミテッドの新品同様品。国内定価の6割引きくらいで入手!!

091105ltd

ヤグラまでカーボンってちょっと怖いが。。。350ミリでこの重量ってスゴイと思う。

パーツ集め、続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑にやられながら

今日も夏の休日のルーチンとして、プールへ行って、自転車で走る。
うらわ美術館で開催されていた絵本の展覧会を見に行きがてらのプチサイクリング。

Ts3m0022

中山道を片道25キロ。それでもスイム1キロの後だけにけっこうキく。
しかも夏の終わりの強い日差しと、アスファルトの照り返しが、体に痛い。
さらにくだんの変速不調で走っていて気持ちよくない。

O氏にみてもらおうとなるしまフレンドに電話したら。。。夏季休業orz

唯一の救いは、エラの快適ぶりが再確認できたこと。
坐骨、尿道への圧迫のなさ(変な表現だ)、そのバランスがイイ。
最近試した数多のサドルに比べてもう、圧倒的に自分に合っている気がする。

運命の逸品! というわけではやっぱりないんだけど;;;
でもこれより合うのも、なんだかんだでそうないんだろうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局、昔なじみに戻る

平日だけど今日まで夏休み。
この夏休みは、プール+自転車三昧。やっぱ夏は屋外プールですなぁ^^
近所に2時間200円の屋外プールを発見したもんで、毎日バシャバシャと1キロほど。

今日もごたぶんにもれず泳ぎに行ったが。。。ZERO-TIGの変速がおかしい。
ぜんぜんキレイに変速しない。ギアに落ちにくかったり、歯とびしたり。
走っているときもジャラジャラと不快な音がし続ける。

なんか気持ち悪いので、プール後にいったん帰宅。
だが、テンションボルトやアジャスターをいじってみてもいっかな良くならない。

ちょっとブルーになったので、気分転換にサドルを変えてみた。
2ヶ月前に落札したエラK。

09081765

ピラーも65Xに変更。やっぱり90年代末のモノ同士だからか落ち着きがいい。

午後、歯医者に行く前に近所を試し乗り。うーん。。。エラ、イイわぁこれ。

サドルの丸みが坐骨間の肉のアールにジャストフィット。
リベールも悪くはなかったけど、坐骨への圧迫感がぜんぜん違う。

ペダリングのサポート感は、腰を包んで支えるリベールの方があるのだが、
快適性、痛みの少なさではでは圧倒的にエラに軍配があがるなぁ。

アリオネやアリアンテ並みに入ったパッド、でもコシがあるので沈みすぎない。
これなら尿道周辺をいたずらに圧迫することもなさそうだ。

結局サドルは、昔良いと思ったものに乗るのがいちばんイイわけか。
そういや、チポリーニもずっとリーガル使ってたもんなぁ(古い)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)