ひさかたぶりにブログを更新してみる

Ts3m0218_2
※2010年6月6日、バイトのI津君のBH DESEOデビューを、パレサイで。

ずっとサボり続けていたブログ更新。

仕事におわれ、趣味にかまける余裕が持てない。
たまに何かあっても、ゆっくりブログにあげる時間がない。
そこへきて3月の大震災といまだ収拾がつかない原発問題。

2ケ月が過ぎて、さすがに首都圏は落ち着きつつあるとはいうものの、
それでも明日がどうなるかわからない気持ちはかつてないほどで。

そうなると逆に、思い入れあるものの記録くらい残したい気も起こり。
昨年からあれこれあった自転車関係を、まとめておこうと思った。
ブログというよりも、備忘録的な。

なんだかんだありつつも、そんなこんなできる日々が続きますよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひーとーもーけーしきもー、いーそーがーしーそうにー

年末忙しいのは誰でも一緒。ご多分にもれず休日出勤。

その前に練馬区立美術館へ、知り合いの展覧会の最終日に滑り込み。
日本画新世代の旗手・菅原健彦さん。その二つ名に相応しい、ド迫力の展示。

Dscn2959

中でも、エントランスの雲龍図には、来館する方々一様にしばし呆然。
(許可をいただいて撮影しております。本当は禁止です)
一方で子どもが目をキラキラさせてたり☆ 理屈抜きでスゴイもんね。

さてさて、本日のアシはもちろん、RS。購入後初の、テストライド的な。
自宅~中村橋~銀座~自宅と、遠回りしながら50キロほど走ってみた。

で、その感想は。。。次の記事で。

さて銀座に到着して仕事。。。の前に例のオジさまと待ち合わせ。
velo style ticketに注文していたモノが完成したのだ。越年ナシ、素晴らしい。

Dscn2960

ジャーン! EBSオジさま贅沢散歩車仕様。

180cm近くあるオジさま用に一番大きな550サイズを用意。
トップ長は570ミリ。日東のステムは90ミリで、ちょうど良さげ。

Dscn2961

フロントは48Tのシングル、リアはソラの9段。街乗りなら必要十分。
ハブも前後ソラ。リムはグランコンペ。クランクはスギノ(RD-2?)。
グラコンかと思ってたけど、だったらもう少し高いわな。

Dscn2964

シフター+ブレーキ本体もソラ。レバーはダイアコンペのMX-1
EBSのヘッドバッジが渋いです。サイドロゴはなし。超シンプル。

Dscn2967

ラグ部分も薄く、丁寧でキレイな仕上がり。集合部もスッキリと美しく。

Dscn2975

無事納車で、オジサマご満悦の笑顔。末永く大切にしてください☆

サドルとグリップを皮モノにするとか、ブレーキをセンタープルにするとか、
タイヤをスキンサイドにするとかしたらもーっと渋くはなるけれど。。。

まぁ自分の自転車ではないし。。。でも簡単な改造ならいつでも承ります^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハっとしてグッときたら、パっと目覚めるしかない

自転車探し中のオジさまを連れ、velo style Ticketへ。needleを実見してもらう。
メールに添付した画像を見る限りではグっときたようだったが、はたして。

「いいじゃない、これ! うん、すごくいい!!」
満足したようだ! 良かったYO b^^

とんとん拍子で商談成立。

カラーはノーマル仕様のダークブルー(濃い紺色)。
フラバ、フロントシングル、リア9段。メインコンポはSORA。
クランク&リムがグランコンペなので、なかなか渋い感じになりそう。
さすがに15万円はムリだったが、16万円位で都合してもらえた。

できあがりは2~3週間後になるらしい。
どんな感じに組みあがるのか。。。オーダー者より楽しみにしているマメw
できあがったらとりあえずまたがせてもらおうvv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

針の穴を通すコントロール、の元祖は北別府学のはず

最近、お知り合いになったオジさまのための自転車探しをしている。

マメの普段のゲタがわりのビゴーレ(下写真)を見て一目ぼれのオジさま。

0812301

「用事をこなしに行ったり来たりするのに、こういう自転車が欲しくてさ」
と相談されたのが、半月ほど前。

「人生最後の自転車にしようと思ってるから、へんな妥協はしたくないんだ」
と出された条件はおおむね以下のとおり。

・山手線圏内くらいを快適に走れる
・細身でスっとした、シンプルなスタイル
・いまどきっぽいスローピングはNG、絶対ホリゾンタル
・坂がつらそうなのでシングルはなるべくNG、ギア有りで
・予算は最大15万円くらい

探してみると、これが案外適当なものがない。
スローピングでなくて細身(=1インチの鉄パイプ)、
この時点で廉価なクロスバイクはほぼシャットアウト。

シングルだがVIVOなんか良さそうだ、と御徒町のハクセンへ見に行ったりしたが。

Img10634629288

写真に比べて実物はややヤボったく、またパイプも微妙に太め。
あえなく、振り出し。

いっそオーダーフレームは? と提案したが、そこまでやるのは面倒らしく。

そんな折、仕事場そばのvelo style Ticketへフラリ。

ここは小径車系の店という先入観があったが、入ってびっくり。
小径も700Cも、シングル、ロード、リジッドMTBまで京都のEBSがてんこ盛り。

ここのをガン見したのは初めてだが、作者の気持ちの入った「いいもの」感が漂う。
ラグワークも繊細、神経のゆきとどいた丁寧な仕事。長寿命をうたうのも、心強い。
フレーム価格は10万円強、だが、決して高くないと思わせる仕事だ。

中でも、これは!と思えたのが、このneedle。

Dscn2891_2

写真はピスト仕様だが、ロード仕様もあり、オジさまのサイズの在庫もあるそう。
フロントシングル、後ろ9段、フラバ仕様で15万は。。。ちょっとキツそうだが。
とにもかくにもオジさまを一度連れてこようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔ワルだった人は、チョイ悪オヤジにはならない

O君と池袋で待ち合わせ。譲ったZERO-TIGのお金を受け取る。
そして、チャーリーにてジロバージョンかノーマルかを一緒に悩んでもらう(迷惑)

「。。。。。。うーん、難しいっすね!」 やっぱそうだよね(苦笑)

「白ピンクはきれいだしかわいいっすけど、なんか乗る人のイメージ通りっていうか」
ワシって、そういうイメージなん? 

「そこをあえて黒銀で、クールでチョイ悪っていうかそういうのもいいんじゃないスか?」
ちょ、チョイ悪ですと?ww 恥ずかしすぐるwww 

「でもフレーム状態だと完成したイメージがいまいちわかないっすね」
というわけで(?)、Psy!zのジロとワイズロード赤坂のノーマルを確認しに。

どうだったね?
「黒銀っすね! 超ヤバいっす!!」 確かにマメも実車見たらグっときた。
「白ピンクもイイんですけど。。。自分的にはヘッドの100周年ロゴがいまいちで」
なるほど、限定とか記念とかの枠を外すと、そういう冷静な感想もあるわけだ。

うむ、背中を押してもらえた。

いっそ手持ちのコンポ売って完成車にしようかな。
そうすればO君もZERO-TIGのホイールそのまま使えるしね。

しかし、案外在庫あるなぁ、09サーベロ。あのカラーリング、人気ないのか?
CSC色が強い旧カラーよりも渋くてずっと好きなんだけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Black or White」に込められたメッセージを知らなかった当時

発注から2週間、O氏からついに電話がきた。きてしまった。
RSジロバージョン入荷。しかし。。。。。。2週間の待ちの間に微妙に心変わり。

はたしてこれで良いのか、と。ノーマルカラーの方がいいんじゃないのか、と。

ジロのホワイトカラーはかわいいし、きれいだし、とても好き。
だけども、それだけに特別感が先に立ってしまう。

Tさんみたいにセカンドカーとして持つんなら最高だろうけど。。。
ロード一台体制の自分的には、気安くないものはどうなのか、と。
あとほら。。。なんせ汚れも目立つでしょ(誰に同意を?)。

ノーマルのブラックはその点、汚れも目立たないし服もあんまり選ばない。
ヒゲっつらでもスネ毛モロ見せでも許されそうで、普段乗りには具合が宜しい。
けどそのなんだ、cerveloのデカロゴは貧脚ヘタレの自分にはやや重いような。

だったら、ジロカラーならナンパだしダラダラ乗っても許されそうかな? 
しかもコンポはカンパなんだから、イタリアンでまとめられるしさ。
いやいや、でもヨーロッパじゃあサーベロにカンパはむしろ普通だし。 
それにダラダラ乗りってことならCやPで遅い人もいっぱいいるじゃん。

こんな問答を延々続けてすでに一週間以上が経過。
今日も所用で御茶ノ水にいったのでワイズで現物を見て結局また悩んで。

Getattachment

うう。。。だれかこの優柔不断ぶりにケリをつけてください(誰に依頼を?)!

ところで。「Black or White」といえばMJ。
あのPVの後半って、意味深な落書きを壊しながら最後に

「PREJUDICE IS IGNORANCE」

のメッセージがでるんですよね。。。深い。。。当時は何も知らなかったぁ。

http://www.youtube.com/watch?v=2IxTDsUDdX4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

点を奪いに行くときは前がかり

日曜だけど会社で仕事。お昼過ぎに、カメラマンのO君来社。

譲渡前提で、ZERO-TIGを引き渡す。乗ってみて最後の結論を出す、とのこと。
実車を改めて目にしたO君、「ヤバいっすね~、やっぱマジいいっす!」
もうね、一貫して目がキラッキラですよ。結論なぞ出てるも同然じゃないですか。

夜、そのO君から一日乗っての結論メール。
「久々のロード最高です! 是非とも譲り受けたく思います!」。。。そうだよね。

そしてLOGO XCの写真まで添付されてきて。なるしまで買ったらしい。

Pt3503020011

街乗りにはSPDペダルとMTBシューズがいいよ、と話した刹那の即買い。
いやあ、前のめりだね若者よ。譲り甲斐がありますよ、ほんとw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水の舞台から、トゥハッ! な気持ち

意を決してワイズロード池袋に電話。O氏にジロバージョンを発注する。

チャーリー時代からいろいろとつきあいの長いO氏(ZERO-TIGもO氏の計らいだし)
彼なら組み立てなどの件でも融通がきくし、相談もしやすいし。

代理店には在庫アリ。週末くらいに入荷するかも、とのこと。
さてさて、さてさてさてさて、はたしてどうなることやらでございます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会って別れて、た・い・へ・ん

仕事先から戻る途中、ワイズロード赤坂へ。フレームを物色。
ibisのSILK、フレーム重量900グラムが14万円半ば(フォークなし)。
ヌードカーボン仕様が、昨今の派手系グラフィック全盛の中で渋くてイイ感じ。

しかししかーし、仮想トップ560ミリは自分にはさすがにデカい。うーん、残念。

MTBのmojoシリーズとか、ずっと好きだったものだから
サイズが合えばいっちゃったかもしれないけど、こればっかりはご縁だ。

やっぱもうRSで決めっか、うん。いいよね、うん。きっとね、うん。。。

先日もRSオーナーの方(Norishyさま)のブログのこんな下りにグっときたり。

「自分にとってのRSは…素直で献身的、でもとてもクールな自転車です。
 素直で献身的というのは、
 とぼしいパワーでもしっかり拾ってくれて、
 自分の思ったように走ってくれる、という感触が強いから。」

http://steelbike.blog71.fc2.com/blog-date-20090921.html

それそれ、とぼしいパワーを逃さない、まさにそれが欲しいんです。

このお方、アンカーRNC7オーナーでもあるようです。
おかげで、鉄から炭へ、という点でとても共感を覚えてしまいます。
文章も、自転車への愛情が文章の端々から滲んでいるし。

さあ、決めちまうか? さあさあ、どうする優柔不断な三十路男?;;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下手に考えているのは休んでいるのと一緒らしい

仕事の帰り道になるしまフレンドへ。悪あがき的に、掘り出し物を探す。
が、正直、RSの40パーセントオフに匹敵するものはナシ。
あえて言えばX-LIGHTか。。。でも、わざわざカンパ組みするアレでもないし。

安売りRSと同価格帯だったら、あとはリドレーのダモクレスISPかなぁ? 

04damoclesisp1003a

設計者の意思を反映したあの形状と、爽やか鮮やかな配色はなかなかイイ。
ただ、RSよりはるかにレーシーな性格にちょっとひるむヘタレのヲサン。

それでも念のため、O氏をつかまえて相談に乗ってもらう。いわく。
「今一番ない時期ですから。正直もう少し待った方がいい感じのが入ると思いますよ」
そうだよなぁ、やっぱ。。。でも目前に吊られたジロバージョンがやっぱまぶしい。
「RSはイイですよ。快適志向といってもR3とさほど変わらないし」
うーむ。。。そう言われるとワイズの40パーセントオフが余計輝いて見える。

O氏にはとても世話になってるし、なるしまで買えれば言うことないんだけど。。。
やっぱりワイズでいっちまうか、ジロバージョン、なぁヲイ(誰に同意を?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧