F-20Tのリアショック交換

休日出勤の途中、LOLO SLOW SPOTへ。昨日預けたKHS-F20Tをとりにいく。

リアショックは2週間ほど前に入荷。昨日やっと乗り入れ作業自体はすぐに完了。
ところが。。。夜取りに行こうと思ったら大雨。結局今日取りに行くことに。

料金は、部品と作業工賃あわせて6300円。
部品代が5000円程度と聞いていたので、適当な価格か、と。

さて、まずは会社まで走ってみるか、とまたがってみると。。。
ああ、こりゃまったく別モノじゃまいかw シャッキリとしてスイスイ走る。
ここんとこのリアショックの不調ぶりがどれだけひどかったのか、と;;;

会社にて、改めて交換箇所を確認。

Ts3m0001

仕様変更になって、接続部周辺がゴールドに。ちょっとゴージャス?w

Ts3m0002

こちらが交換前のやれたリアショック。ゴムシールが千切れてます。

ひとしきり会社で仕事をした後、帰宅。
夜はコマメと近所のHUBへ。ゾンコランでの最終決戦を観戦しに。
道中、リアショックを交換したF-20Tの感想を聞いてみると。。。
「すっごいイイ! きっちり走って気持ちイイ!!」と。

「前より性能良くなってるんじゃない? なんか走りがぜんぜん違う^^」
ダメになる前の状態、忘れちゃったよw とにかく喜んでくれて良かったv

ツールは大勢決しつつも、ゾンコランでなにか起きるかもと期待したが。。。
やっぱりコンタドール強かった。あと、兄シュレクにちょっとがっかり。
弟シュレクの「兄ちゃん、まだ? ねぇ、まだ?」な感じがなんとも。。。

Ts3m0005

ペリゾッティ山岳賞確定。ジロでも良かったけど、ツールでも良かった。
これからがますます楽しみな選手ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LOLO SLOW SPOTで相談にのってもらう

昼休みに日本橋のLOLO SLOW SPOTへ。
以前、コマメの自転車探しで立ち寄った小径専門店だ。

KHSもたくさん取り扱っていたのを思い出し、リアショックの相談をしてみたら、
「一度持ってきてみてください」とのこと。仕事場からも近いので早速訪問。

見てもらってまず、「ゴムブッシュがちぎれているの、初めて見ました」と。あぁ。。。

確かにウチは、F-20Tに関しては、大事にいつもピカピカに、的な使い方じゃないしな。
けっこうガンガン乗り倒しているし、いつでも室内保管というわけじゃないし(--;

「リアショックのトラブルでの相談自体も初めてなんですよ」 そ、そうですか;;;
滅多に故障しない箇所なのかな? それとも我が家での扱い方が粗いのかなぁ。

その後、お店の人が言うことには。。。
●内部のエラストマー交換だけなら、部品代は1500円くらい。すぐ取り寄せ可能。
●ゴムブッシュのみの取り寄せは不可能ではないが、こちらは納期、金額不明。
●ユニットまるごとの交換だと、部品代は5000円ほど。こちらもすぐ取り寄せ可能。

エラストマーだけの交換でも問題はないのかもしれないけれど。。。
ゴムブッシュとかもちゃんとしたいし、やっぱりユニット交換にしよう。
今泉さんもどうせならその方が安心だ、と言っていたし。

交換部品が届いたら連絡をもらうことに。
早いとこ直して、またコマメに気持ちよく乗ってもらいたいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-20Tがヤれている

仕事帰りにモンキーヘ。先日ビゴーレと入れ替わりに預けたF-20Tを取りに。

2年ちょい、ほぼ毎日コマメの片道5~6キロの通勤のお伴をしてきたF-20T。
いろんなところにけっこうガタがきていたのを診てもらっていたのだった。

例えば。。。

①5速時にチェーン(orギヤ)がパチンパチンと引っかかる感じが顕著に。 

購入時からBB交換などで改善をはかっていたが最近ますますヒドく。
いろいろ試して原因を探った結果、駆動パーツの精度の問題という結論に。

試験的にXTの9速フリーとXTRの9速チェーンを組みつけた状態で
(F-20Tは7速ハブなのでホントは9速は使えないけど、確認用に試着)
乗せてもらったが、確かにぜんぜんパチンパチン感がない。

逆に言うと、不快感を根絶したいならコンポごと変えるべき、ということで。
そうなると必然的に9速化になるので、ハブからホイールを組みなおさないと。
9速化は、いつかはやりたいと思ってはいたが、しかし今スグとなると。。。

「でもあの程度の不快感なんて昔のコンポのことを思えばぜんぜん許容範囲ですよ」
まぁ確かに。。。今回は原因が分かったのでヨシとして、とりあえず元に戻すか。

「せめて、店に残っていた旧600グレードのチェーンに付け替えておきますよ」
と今泉さん。30分ほどで、ハイ完了。これだけでもずいぶん違和感が緩和された。
パーツの精度って乗り味にこんなにハッキリ出るんだなぁ、と今さらシミジミ。

②リアショックの底づき感が顕著に

ここ数ヶ月で、リアショックがほとんど役たたず状態に。
段差や、大きい突き上げでユニットが底づきして、ガツン! と直に衝撃が。
フレーム的にも溶接不完全な遊び部分があるわけだし、悪影響この上ない。

エラストマーがヘタっているのは確実なのだが、今泉さん曰く
「中を空けるよりも、いっそ交換する方が」と。
高級サスみたいにメンテ性に配慮したユニットじゃないから、とのことらしい。

「ただ、ウチKHSやってないんでパーツの取寄せできなくて」あららら。。。
本当は買った店=ペンギンハウスに行くべきだが、車がないのでちと遠い。
仕方ない、小径専門でノウハウ豊富そうなところに聞いてみるかなぁ。

気になるところがあるビゴーレをまたまた預けて、KHSで帰途へ。すると。。。
ポツポツ。。。雨? と思ったらバケツをひっくり返したようなドシャ降りに。
しばし雨宿り、しかし止む気配なく、結局折畳んでタクシーに乗るハメに;;;
あうぅ。。。日ごろの行いが悪いから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パセラ交換に、コマメ喜ぶ

コマメ、買い物のためタイヤ交換後のKHS-F20Tに乗る。

「すんごくフワフワになった!」と嬉しそう。変えて良かった。
スピードより快適性重視は正解だったようだ。

むかし、KHS関係のブログを読んでいた時、
快適重視でサス付きのWestwoodと迷う向きの書き込みがあったのを
覚えているんだが、街乗り快適仕様ならF20Tに太めタイヤでOKでは?

昼過ぎ、KHS-F20Tを借りてまた仕事場へ。
コマメが焼いてくれたプチ豆腐ドーナツが、好評で良かった。
その後、深夜まで仕事。若手は泊り込みのようだ。お疲れさん。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F20Tにパセラ装着

モンキーへ行く。
ビゴーレはクランク装着、チェーン張り完了。ホイール、結構似合ってる。
昔のフレームならでは、エンドの軸受が幅広ゆえに可能なこのシングル化。

ワイヤーガイドも、ボトルケージ台座も、変速レバー台座もなく、
そしてブレーキは基本的にラージというのが、昔のフレームの基本。

だからシングルにしてピスト的にも、太いタイヤ履かせてツアラー的にも、
普通にロード的にも、あるいはそれらの中間にもなる。この汎用性、懐の広さ。
自転車のジャンルが細分化し、機能が特化していく最近の潮流の中、
この包容力は逆に魅力。サーリーやサルサとかの人気もそういうことなんだろう。

一つ問題が起きていた。取り寄せたダイアコンペのDC750が装着できない。

Dscn1630

アームが長すぎ、パッドが当たらん。26インチのランドナーやママチャリとか用か。
「DC750」とかの3ケタ数字がアーム長の目安だということ、初めて知った;;;
「テスタッチのディアブロについてるヤツか~」と、カタログ見だけで頼むから。。。

さてさて、今日のメインイベントはコマメのKHS-F20Tのタイヤ交換。
購入して2年弱、毎日のように乗られながら一度もタイヤ交換なしだった。
そのためデフォのタイヤはひび割れ三昧、ケーシングもほつれまくり。
いいかげん変えよう、と言いつづけていたのだが、やっと実現した。

交換品はパナレーサー・パセラ1.5。エアボリュームの増加と丈夫さを考慮。。
即装着してもらう。ホイール全体がかなり大ぶりに。

091122

デフォのショートアームVブレーキだと、このサイズあたりが限度だろう。
タイヤとワイヤーのクリアランスが、もう1センチくらいしかない。

Dscn1613_3

そのまま銀座の仕事場まで走る。重い。今までより一段低めのギアで良い。
ただ、乗り心地は格段に向上。段差越えも楽。下り坂でも安定感が増した。
俊敏さはスポイルされたが、コマメの足でゆっくり乗る分にはこっちでいいか。。。

今日も深夜まで仕事。たいがい疲れた。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R440シフター(右のみ)を入手

Photo_36オーナーであるコマメの意向を半ば無視して、KHSの9速化をもくろむマメ。そのためのアイテムを入手。

フラットバーロード用・R440のラピッドファイア、右のみ。四谷某店のU氏と雑談中、完成車外しの余りパーツない? と聞いてみたところ、ちょうどあったのでゲト。

本来、左右+ケーブルのセット販売だが、その定価の3分の1以下で購入できたので、良しとする。こういうのはタイミングが大事。

帰ってからコマメに見せたら、インジケーターを指して「赤いのがかわいくない」と言われてちょっとションボリ。でもめげない。きっと9速化して快適になったら喜ぶはずだ。と自分に言い聞かせる。リヤメカはストックがあるので、あとは9速用ハブと11-32のスプロケだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンキーでF20TのBBを交換

未だに体調が回復しない。そればかりかせきがひどくなってきた。ぶり返しそうなので、午前中に病院へ。気だるい午後、でもせっかくの休日、何もしないのももったいないので、ワークショップモンキーへ行って、コマメのKHSで気になるところを見てもらう。

あさひから返ってきたペダルを交換しても、まだ足元からカクカク、コクコクした振動が絶え間なく伝わる。結局、一番の問題はBBかもと思いつつ、でも可能性はいろいろ考えられるので、とりあえず専門家に見てもらうのが一番と考えた。

立て込んでいると申し訳ないので、電話して手すきなことを確認、高田馬場へ。こんにちは、かくかくしかじかなんですが……。「うーん。ペダルじゃないし、折りたたみのギミック部分のガタとかでもないし……」 やっぱりBBですかね? 

「ちょっとみてみます、どれどれ……あ、わかった」 どうでしょう? 「BBの締め込みが甘いんですよ、それでシャフトが微妙にカクカク動くんです。とりあえず、クランク外して締め直してみましょう」 直してもらったものを乗ってみた。かなりマシになった。でもまだなんだかカクカクしている。結局、BBの質の問題、ということか。 

Photo_35

「完成車でコストダウンできるところの一つだしね。シェル幅68ミリ、シャフト長113ミリのスクエアテーパーのものですけれど……」 在庫あれば交換してもらおうかな。

奥さんが在庫をみてくれたところ、ちょうどデオーレクラスのUN-53の同サイズがあった。じゃ、お願いします。

Khsbb

ちなみにデフォで入っていたBBはこちら。VP製のものという以外はよくわからない。

VPは、ケーンクリークのOEMとかやっているメーカーだけど、でもあまり良い評価をききませんな。ZERO-TIGにもここのヘッドパーツが付属してたんだけど、使わなかった。

さて、あっという間に交換終了。走ってみるとずいぶんマシになっている。それでも、ギアによってはコクコクした振動が伝わる。全然そういうのがおきないギアもあるので、これはディレーラーか、フリーか、その辺の問題だろう。

いっそ現状の7速から、ちょっと良いパーツを使って9速化して、より快適な仕様にしたいなあ。でも、そうなるとホイール組みなおさなきゃいけないし、ラピッドファイアも必要だし。コマメさんはそこまでお金をかけたいと思わないだろうなあ。だって、BB交換で2000円ほどかかったよ、と報告しただけで、「そんなにかかるの?」と目を丸くしてたし……。  

| | コメント (0) | トラックバック (2)

クレーム対応にちょっと感心

コマメ用のクリックフィックスなどを火曜日に返品したのだが、対応の具体案が返信されてきた。品物の到着は水曜だっただろうから、当日中にきちんとやってくれたわけだ。結構通販系の対応っていい加減だったりすることがあるから、安心した。

その対応も的確だった。

まずフロントバックホルダーは、なくなったボルトを補充、きちんと締めこんだ状態にしてくれる、という。

クリックフィックスは、不良品扱いになったので丸ごと交換。「オーバートルクになって、壊してしまうこともあるので、ご注意ください」とのただし書きつき。最後に取り付けるワイヤーが一番重要なので、ネジはあんまり締めこまなくて良いそうだ。メモメモ。

ペダルは、特に不良というわけではないそうで、一応、玉当たり調整などをした上でそのまま返送。マメ的にも、ちょっと取り付けのトルクが足りなかったせいでカクカクしたのかも、と思っていたところだったので、今度は注意してつけよう。その上でまだダメなら、もう新しいの探そう、とコマメに提案。

それにしても、迅速、的確な対応で、メールの文章もきちんとしていて感心感心。これならまた通販使っても良いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリックフィックスなどを返品

コマメのKHSに問題発生。といっても、先日取り付けたクリックフィックス関係。

Photo_17まずタイオガのフロントバックホルダー。コマメの帰宅時、フロントバックを外してあげた際、違和感があったので発覚。

左が正常なのだが、本体とマウント台座をつなぐ真ん中のボルト、これがいつの間にか脱落、右側のようなことに。通常の使用だけで、こんなこと起こるんだろうか?

Photo_18もっとちゃんとチェックしようと思って取り外しにかかったら、クリックフィックスにも問題があったことも発覚。

ネジが一本、締まっていなかったのだ。どうも締めこむ際に本体が削れて、左はしのようなクズがネジにからまり、それがジャマして奥まで届かなかったらしい。

Photo_19取り付けの際、正面から見て右上だけ締まりきらない感じがあって気持ち悪かったのだが、海外製品にありがちな大雑把さとスルーしてしまったのだった。でも、その時にキチンとしておくべきだった。おかげでマウントのためのパーツが、上写真の左側のようにすっかり歪んで使いものにならなくなった(右側が正常な状態)。ザンゲ。

一応、不良品の可能性アリということで、例のカクカク気持ち悪いCOUCOUのペダルと併せて、サイクルベースあさひに送って対応チェックしてもらうことにした。クレームのメールに対する返信も即座にされて、部品一式を着払いで送ることに。その迅速な対応に、とりあえず誠意を感じることができて良かった。あとは、向こうからの連絡待ちだ。

しかし、こういうことも顔なじみの店ならもっとスムースに対応してくれるのだが……。通販ならではのメンドウくささだわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コマメ仕様F20Tでパレサイなどへ

休日のけだるい気分に浸りきった午後遅く、コマメとポタリングに出かける。昨日取り付けたリクセンカウルと、coucouのペダルの調子も見たかったし、ずいぶん前にコマメが当てたものの上映館がなくなりつつある映画の招待券を消費するためである。

0704151おやコマメさん、スカートですか? 「あったかくなってきたし、試そうと思って」 F20Tに決めた理由の一つは、スカートでも乗れる、ってことだったもんね。「これストレッチ素材だからイケルと思うの」 まくれないように気をつけたまいよ。

しかしリクセンカウル、似合ってるねぇ。「ネー、始めからついてたみたい」

まず近所の図書館へ寄って、映画館のある銀座へ向かう。そうだ、今日はパレサイやってるから、皇居の方を通ろう。「パレサイ? 何それ?」 ま、いいからいいから。

070415_1「キャー、広ーーい、楽しーーーい、気持ちいーーーー」 

ほら、来て良かったでしょ。「車がいないとこれほど気持ちよいとは!!」 また来たい? 「うん、広い道を好きに走れるのって、すっごい楽しい!!」 喜んでるみたいで良かった。ああ、ボタン桜もキレイだねぇ。

ところで、リクセンカウルとペダルの調子は? 「うん、マメの言ってたペダルのゴリゴリ感、気にならないよ」 そう良かった。「それより、リクセンカウル!! 良いわン。ハンドルが重い感じもしないし。いやー、バッグをブラブラさせないで走れるのって、やっぱイイわ~」 そりゃそうだろう、てか、今までどんだけ不便な状態で走っていたのか……。

070415_2パレサイを楽しんだ後、銀座へ。シネパトスで『パフューム』鑑賞。GyaOのご招待で当選したんだそうだ。

映画の中身は……天才万歳系の作品なんだけど、なんか出来が窮屈だなぁ。ラストの方も、図らずも笑けちゃうし。田舎娘の凝縮体臭で、一同ハッフン。

終わったら、すっかり辺りが暗くなっていた。「どうしようか?」 あのさ、勝鬨橋の向こうにプジョーのショウルームが出来たらしいから行って見ていい? 「うん、いいよ」 プゥちゃんがお世話になるかもしれないしね。ちょっとひと走りしましょ。

070415_3晴海通りを東へ、勝鬨橋を越えてなお走り、通りのどん突きに目的地が。あ、出たばかりの207が置いてある。

特に何か買おうという気はない(金もない)けれど、とひとしきり見せてもらう。お店の人も、こいつらは買わないと思ったのか、セールストークをかけてこない。逆に有難い。

しかしプジョーの7世代のデザインは、やたらヤル気が溢れていて好きになれない。6世代までの、整ってはいるんだけど牧歌的で、ちょっと可愛いあのデザインが良かったなぁ。406クーペとクーペ407の違いが象徴的だよな。あんなアンコウみたいな車、ヤダよぅ。

「すっかり寒くなったね」 ラーメンでも食べよか。再び銀座へ戻り、マメの仕事場の近所のラーメン店、舟見坂へ。いちおしの浅利そばを食す。いかが? 「うんまあまあ」 あ、案外反応薄い、残念。

日暮れてからの寒さに震えつつ、無事帰宅。コマメさん、どうでした? 「リクセンカウル、良い!! すんごく気に入っちゃった。取り外しも簡単だし、使いやすい。なにより見た目がバッチリ」 そうか、良かった。マメもとても良いと思うよ。これから、F20T乗るのがますます楽しくなるね。 「うん!!!!」

| | コメント (0) | トラックバック (1)